医療大国日本

日本における近代医療の始まり

ある一つのほどよい国土面積を有する国があったとします。国民の識字率は高く、人々は勤勉です・・・・しかし、その国には、驚いたことに科学的な医療サービスがまったく存在していません・・・・重い病気にかかったら寝かせて自然経過に任せ、祈祷を行い、治ることを神に祈っています・・・・当然、医師は存在せず、病院や診療所などの医療機関も存在しません・・・・その国に一大プロジェクトが勃発しました。「国内にあまねく行き渡る医療サービスネットワークを築き上げる」というプロジェクトです・・・・→(全文を読む

医療社会の人事、採用、転職の新提案

平成時代に、新たな臨床研修制度が創設され、医師に対する医局支配が薄らぎ、医師の自由度が高まりました。大学医学部の医局は、医師を育成し、研鑽を積ませる場として君臨しますが、医師への支配力は低下し、医師は勤務するべき医療機関を自分で選択できる時代へと突入したのです。
そんな時代に、「Mコア」が誕生しました。

「メディカル コア ソサエティ(Mコア)」はこちらから!
プロフィール登録から定型メッセージでのやり取りまで、全て無料で楽しむことができます♪
医師が考えた「メディカル コア ソサエティ」はこちら

平成の医療改革を振り返る

連載:平成医療改革31年史

明治維新に始まった日本の近代医療は、昭和の時代に大いに量的規模を充実させましたが、平成時代になって医療サービスに対する国民の不満が高まりました。そこで、医療者、厚労省が反目しながらも一体となって、質的改革が始まりました。その平成医療改革の歴史を振り返ります。

平成医療改革31年史一覧

リンク集


一覧表で見る日本の医療社会

ページのトップへ戻る