第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第29回「カリウム」

「人体は60兆個の細胞でできている」といわれています。その一つ一つの細胞を覆う細胞膜には、ナトリウムとカリウムを入れ替える小さな出入り口がたくさんあります。細胞内のナトリウムを細胞外に排出し、それと同時に、細胞外のカリウムを細胞内に取り組むのです。具体的には、ナトリウムを10原子排出するのと同時に、カリウムを10原子取り込みます。つまり、同数ずつ入れ替えるのです。この出入り口は、「ナトリウム-カリウム・チャンネル」と名付けられています。

だから、自動的に細胞の中には、カリウムが多くなると同時にナトリウムは少なくなり、細胞の外(細胞と細胞の隙間や血液)には、カリウムが少なくなると同時にナトリウムが多くなります。

血液中のカリウム濃度が高くなると、不整脈が出現し、ついに心臓は心室細動を起こし、止まります。そのカリウムを体外に排出するのは、腎臓の役割です。

くも膜下出血などの重病で倒れ、救急病床で治療をしていた場合、起死回生の治療ができなければ、徐々に腎臓が悪くなり、血液中のカリウム濃度が上がってきます。カリウム濃度が7.0mEq/Lを超えると不整脈が多発し、心臓停止に至ります。

日常生活でカリウムが不足することはありません。しかし、カリウムを多めに摂るとナトリウムの排出が促進されるので、高血圧の治療や予防に有効かもしれません。一方、慢性腎不全患者では、カリウムの排出ができず、体内に蓄積して不整脈から心停止の可能性が高まるので、カリウムの摂取を制限します。通常摂取量でカリウムを多く摂ってしまう食品は、キュウリ、スイカ、メロン、バナナ、海藻類です。

採血の結果で、カリウムが高くなっていてギョッとすることがあります。たいていは、採血したスピッツを長時間放置したために、赤血球が壊れて、赤血球内のカリウムが血清中に漏れ出た場合です。

また、ワーファリンを飲んでいる時に納豆を食べてはいけないといわれますが、これは、ビタミンKの話です。

カリウムとビタミンKを間違える人がいますので、ご用心ください。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第28回「カルシウム」

カルシウムは、金属元素の一種で、自然界に広く分布しています。ほとんどの食材に含まれており、通常の食生活を営んでいるかぎりは口からの摂取量が不足することはありません。摂取したカルシウムのごくわずかな量が、腸から吸収されます。そして、尿から常に排泄されます。人体内の代表的なミネラルの一つです。

体内には、約1㎏のカルシウムが存在します。その約99%は骨の中に存在し、1%は細胞内に存在します。血液中にはごくわずかの0.1%です。血中濃度は、カルシトニン、副甲状腺ホルモンというホルモンの作用で一定濃度に保たれています。

何かの健康トラブル(ホルモン系の病気など)で、血中のカルシウム濃度が高くなりすぎると、情緒不安定、不穏、錯乱などの精神症状が現れます。病気でなくても、ビタミンDの摂取過剰で、高カルシウム血症になることがあるので要注意です。

血中のカルシウム濃度が低下すると、けいれん発作が誘発されます。慢性的に低カルシウム血症の状態が続くと、爪が割れやすくなる、皮膚が乾燥し鱗状になるなどの症状が現れます。

通常の食生活でのカルシウム欠乏はめったに起こりませんが、ダイエット中や成長期の子供は、あえてカルシウムを摂取するようにした方がいいかもしれません。

尚、体内のカルシウム総量は、腸から吸収された量と尿から排出された量のバランスで決まります。20歳代に体内カルシウム総量のピークを迎え、以後は徐々に減っていきます。減るペースが激しいと、中高年期に骨粗しょう症を発症します。これには、遺伝が大きく関与しています。

腸からの吸収には、活性型のビタミンDが必要です。ビタミンDが活性化するには、日に当たる必要があります。太陽の紫外線でビタミンDは活性化されるからです。

紫外線を避けたい人でも、ある程度の日光浴をしてほしいものです。

19

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第27回「ナトリウム」

塩100gのうち、約39gがナトリウムです。人体の60%は水でできているといいますが、その水は、細胞内の水と細胞外の水に分かれます。ナトリウムは細胞外液に多く存在して、浸透圧調整に働いています。ナトリウムが移動する方向に、細胞外の水は移動していくのです。

尿や汗は、水分を放出しているというより、ナトリウムを放出しています。そのナトリウムに合わせて、水が一緒に出てくるのです。

血中のナトリウム濃度が急低下すると、虚脱感、疲労感、頭痛、食欲不振などだけでなく、意識障害、痙攣が生じます。ナトリウム濃度の急低下は下痢や嘔吐でも起こりますが、大量の発汗で起こりやすいと思うのがいいです。

寝たきりなどで低栄養状態になると、徐々に血中のナトリウム濃度は下がりますが、この場合は、意識障害や痙攣などは起こりません。

ナトリウムの摂り過ぎは、腎臓に負担をかけて、その結果血圧が上がるといわれています。しかし、大汗をかく時は、ナトリウムの補充は必須です。

夏の暑い季節に屋外で大量の発汗をする仕事をする人は、朝に梅干しを数個食べることをおすすめします。

27

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第26回「タウリン」

タウリンは、体重60kgの人の体内には、60g含まれている含硫有機化合物です。構造式は、下記図に示します。インターネット上の情報を見ると、「タウリンはアミノ酸の一種で」などと書かれていますが、これは間違いです。カルボキシル基を持っていないので、アミノ酸の一種にはなりません。体内には遊離化合物の状態で、主に心臓や肝臓に存在します。

イカ、タコ、カニ、エビ、カキ、サザエ、ハマグリなどのお馴染みの食材に多く存在しますが、人体内で合成することもできます。

このタウリン、実は処方箋医薬品にもなっています。高ビリルビン血症(黄疸になる)における肝機能の改善、うっ血性心不全における心筋収縮能力の改善です。治療に用いる時は、1日に3gほど摂取します。

ネコは、自分の体内でタウリンを合成することができません。だから、ネコの餌にはタウリンが含まれています。ネコにタウリンを与えなければ、心不全を発症します。心臓に対するタウリンの影響は間違いないものです。

心不全の治療薬にもなっているくらいですので、注目してほしいのは心臓への効果です。高齢になって疲れやすいという時、心臓の機能の低下によることがしばしばです。特に、筋力はまだまだ自信があるのに、階段や坂道を登っていると息切れしやすいという時は、軽度の心不全の可能性があります。

タウリンの利用価値は、その辺にあるように思います。

26

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第25回「アントシアニン」

アントシアニンは、植物に赤、青、紫の色をもたらす色素です。特に、ブルーベリーに多く含まれており、「目に効く」といわれています。

目の奥の網膜細胞は、朝から晩まで激しく化学反応を起こしています。この化学反応のおかげで、目の前の景色を見ることができるのです。

目の前の景色の光刺激を電気信号に変えて脳に伝える役割を持つのが、網膜にびっしりと並んでいる視細胞です。視細胞は、杆体(かんたい)細胞と錐体細胞に分けられます。

杆体細胞は、暗所でモノクロの識別をします。錐体細胞は、明所で色の識別をすることができます。この二つの細胞には、視物質といわれる成分が蓄えられています。

その視物質は、オプシンという蛋白質にレチナールが結合した物質です。この物質が不足すると、「目が見えにくい」「暗所で見えにくい」「眼前の景色がはっきりしない」「景色がぼやけている」などの現象が生まれます。パソコン時代となった現代は、目が疲れて、そのような症状を感じる人が増えています。レチナールは、ビタミンAの一種です。ビタミンAの不足で、夜盲症が発症することはよく知られています。

さて、レチナールには、Z体とE体があります。景色を認識すると、Z体は化学反応を起こして景色を認識して脳に伝えると同時に、E体に代わります。このE体は、またZ体に復元されて働きますが、その復元を促すといわれているのがアントシアニンです。

だから、アントシアニンは目に良いといわれるのです。

25