第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第13回「カルコン」

植物に広く含まれる色素成分は、フラボノイドといわれます。このフラボノイドには4,000以上の種類が知られていますが、カルコンはその一種です。

このカルコンは、日常生活的には明日葉に多く含まれていることが知られています。明日葉の葉を割いた時に滲み出てくるやや粘り気のある黄色い液に多く含まれているのです。

もともとフラボノイドの一種ですから、強い抗酸化作用を持っています。植物は紫外線から身を守るために、このフラボノイドを細胞内で合成しているのです。抗酸化作用は細胞の突然変異の防止に関係します。だから、フラボノイドの一群は、ガン予防に関係あるとされていたり、また、免疫力を高める作用に注目されています。

そのフラボノイドの一種であるカルコンは、図のような構造骨格を有しています。

13

厳密な作用メカニズムは解明されていませんが、もともとむくみの改善に効果があるといわれていたり、老廃物の排出に役立つともいわれてきました。実際に、カルコンを投与しながらエステティックの施術を行うと、部分やせを実現することができます。

さて、このカルコン。最近は、血中のアディポネクチンを増加させるということで、さらなる注目を浴びています。アディポネクチンというのは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質で、「脳細胞の糖代謝を高め、脳の機能を衰えさせない」ということで、研究が急ピッチで進んでおります。「90歳を超えてもまったくボケないで頭脳明晰の人のほとんどは、アディポネクチンが高かった」という研究データもあります。脂肪細胞から分泌されるのですが、内臓脂肪が増えると、逆に低下してしまいます。

血中のアディポネクチンを高い数値で維持するには、体重管理も重要ですが、カルコンを経口摂取するという単純な方法もありますので、覚えておいてください。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第12回「ポリフェノール」

ポリフェノールは、最近注目を集めている栄養素です。野菜や果物、豆類のほぼすべてに含まれている植物由来の化学成分です。私たちが野菜や果物を食べる時に色や香り、苦味や辛味、渋味として感じているものがそれです。水溶性と脂溶性の中間の構造を持ち、なんと5,000種以上もあるといわれています。

炭水化物やタンパク質のように、摂らなかったからといって体に害が及ぶというものではありませんが、抗酸化作用をはじめ、抗ガン作用、免疫力の強化などにも効果があるとされており、セラミドの再生等アンチエイジングの分野でも期待されています。

私たちは日差しが強かったりしたら日陰にでも隠れるでしょう。植物にはそれができません。強烈な紫外線ビームをくらって発生した活性酸素から、自分の身を守らなければなりません。また害虫や病原菌の外敵も迎え撃たなければなりません。植物は生きのびるために抗酸化作用や抗菌作用を発揮するポリフェノールを、自らの体内で作り出しているのです。これらを摂取した私たちも、抗酸化力や免疫力をアップさせることができるのです。

ポリフェノールが一躍有名になったきっかけは、1992年に発表された学説でした。肉や乳脂肪をたくさん摂る欧米諸国では典型的なアラキドン酸体質をつくりますから、動脈硬化による心臓疾患、脳疾患の発症率は非常に高い数値を示しています。ところが一国だけ例外の国がありました。意外にもフランスだったのです。フランス料理といえばバターやクリームたっぷりを連想しませんか。この現象は、フレンチパラドックスと呼ばれて長い間謎でした。この答えを出したのが赤ワイン、その中に大量に含まれるポリフェノールだったのです。強い抗酸化作用が発揮され、これが活性酸素から体を守り、動脈硬化を防いだとされています。

ポリフェノールをさらに細分類すれば、カテキン、タンニン、アントシアニン、インフラボン、セサミン、クルクミンといった、みなさんがどこかで耳にしたであろう名前が並びます。どれも第4栄養素の名に恥じない、頼もしい仲間ばかりです。この連載でも順次ご紹介していければと考えています。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第11回「ビタミンB1」

ビタミンB1を世界で最初に発見したのは、日本人の鈴木梅太郎です。米糠に脚気を予防し回復させる成分のあることを突きとめ、抽出に成功しました。年間実に1万5千もの日本人が、脚気によって命を落としていた時代です。まさに世紀の大発見でした。しかしながら大正時代に入るとさらに蔓延、年間2万7千人の死亡記録も残っています。脚気という病、今でこそなじみが薄くなりましたが、その昔は堂々たる国民病だったのです。明治天皇も患っていたといわれています。

炭水化物が分解された糖質は、私たちが生きていくためのエネルギーの源です。糖質がエネルギーに変換されるまでには多くの段階があって、その都度いろいろな酵素が働いています。しかし単独では働かず、それを助ける補酵素というものが必要です。それこそがビタミンB1なのです。ということは、ビタミンB1が不足すれば糖質も少ししかエネルギーにはなれず、おかげで元気は出ないし臓器では障害が起こってしまいます。

特に中枢神経や末梢神経、脳などは糖質が唯一のエネルギー源で、他のものでは代用がききません。だからビタミンB1が不足すると、集中力は落ち、イライラしたり精神が不安定になったりするなど、神経が正しく機能しなくなります。うつ症状になったりもします。倦怠感を感じ食欲不振、動悸、息切れ、手足のしびれ、むくみの症状があれば、これが脚気です。症状が進行すると心臓の機能が著しく低下して、心不全になることもあるから恐いです。

お酒を大量に飲む人は注意して下さい。体内でアルコールなどの糖質を分解するのにビタミンB1を使いますから、どうしても不足しがちになります。インスタント食品や清涼飲料水、菓子類をよく食べる人も要注意。糖質が大量に含まれていますから、その分解にやはり大量のビタミンB1が必要になります。

困ったことに、ビタミンB1は体内に蓄えることができない栄養素です。日々摂り続ける必要があります。麦飯もいいですが、豚肉にたくさん含まれています。ハムでも大丈夫です。たまには奮発して、ウナギやスッポン料理に舌鼓を打ってみますか。

il-unagi

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第10回「カルシウム」

スナック菓子のロングセラーにかっぱえびせんがあります。♫やめられない とまらないのキャッチコピーで、一世を風靡した国民的菓子です。そのえびせんが、カルシウム菓子を売りにして世に登場したことは、あまり知られていません。あの中にはエビが殻ごと練り込まれていて、それが多量のカルシウムを含んでいるのです。このえびせんのメガヒットで、カルビーは全国区の菓子メーカーへと成長したわけですが、そもそも社名の「カル」は、カルシウムからとったものだそうです。

カルシウムの働きで私たちが思い浮かべるのは、骨や歯の形成です。体内にあるカルシウムの99%は、骨や歯の成分になっています。でも実はそれ以外にも、イライラやストレスを静め、神経を安定させる。筋肉(平滑筋を含む)の収縮。体内浸透圧を一定に保つ。血液の凝固促進作用。心筋機能の正常維持。抗アレルギー作用などなど、私たちの知らないところで一生懸命に働いてくれているのです。

さらに私たちは、大事な恩恵を被っています。免疫力です。細菌やウィルスが体内に侵入すると、カルシウムイオンが細胞に情報を伝達します。この情報伝達によって、細胞内でつくられた免疫の抗体が撃退します。ですから、カルシウム不足が慢性化すると体内のカルシウムイオンが不足してしまい、免疫反応の防御システムが上手く働かなくなるのです。免疫力は低下し、風邪をひきやすくなったり、癌のリスクも高まります。

ダイエットにおいても、このカルシウム不足は命取りになります。減量の過程でしっかり摂取していかないと、風邪をひいてそのまま挫折なんていうケースが当院でもまま見られました。スナック菓子や牛乳で摂るのも一方法かもしれませんが、アラキドン酸体質をつくるリノール酸や、コレステロールの原料となる飽和脂肪酸など余計なものまでが体内に入ってきてしまいます。本末転倒にならぬよう、栄養素の摂取時にはそこにご注意を。

※純度の高い良質なカルシウムを摂取するには、当院の「βグルカン&カルシウム」はいかがでしょうか。βグルカンはキノコの成分です。やはり免疫力を増強する作用があります。一度お試し下さい。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第9回「クエン酸」

細胞内に、ミトコンドリアという器官があります。

「身体を動かすエネルギーを産生するのが、ミトコンドリアである」

「ミトコンドリアの遺伝子は、必ず母から遺伝される」

という噂を聞いたことがあるかもしれませんが、その噂は真実です。

ミトコンドリアは、クエン酸を使って、身体を動かすのに必要なエネルギーの元であるATP(アデノシン三リン酸)を生み出しているのです。そして、この能力は、母の遺伝なのです。母が長距離走に強ければ、その子供は男女とも長距離走に強くなります。

クエン酸の化学式は図のとおりで、炭素が6個つながっています。このクエン酸が、ミトコンドリアの中で次々と化学反応を起こし、2分子の酸素を取り込んで、2分子のATPと2分子の二酸化炭素を生み出します。一連の化学反応が終わると、2つの炭素原子を失い、炭素が4つつながったオキザロ酢酸になります。

このオキザロ酢酸は、ミトコンドリアの中でアセチルCoA(コエンザイムエー)と結びついて、元のクエン酸に戻ります。そして、このクエン酸が、またしても次々と化学反応を起こし、2分子の酸素を取り込んで、2分子のATPと2分子の二酸化炭素を生み出します。これを延々と繰り返して、筋肉を動かすのに必要なATPを作り出しています。

アセチルCoAは、脂肪や糖が分解されて出来上がります。つまり、アセチルCoAを作り出すために、脂肪や糖を分解するのです。だから、運動すると、脂肪が分解されるのです。

運動後には、レモンなどのクエン酸含有食品を欲することがあると思います。

クエン酸を多く含む食べ物は、レモンの他に、グレープフルーツやアセロラ、梅干しなどがあります。

1