第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第10回「カルシウム」

スナック菓子のロングセラーにかっぱえびせんがあります。♫やめられない とまらないのキャッチコピーで、一世を風靡した国民的菓子です。そのえびせんが、カルシウム菓子を売りにして世に登場したことは、あまり知られていません。あの中にはエビが殻ごと練り込まれていて、それが多量のカルシウムを含んでいるのです。このえびせんのメガヒットで、カルビーは全国区の菓子メーカーへと成長したわけですが、そもそも社名の「カル」は、カルシウムからとったものだそうです。

カルシウムの働きで私たちが思い浮かべるのは、骨や歯の形成です。体内にあるカルシウムの99%は、骨や歯の成分になっています。でも実はそれ以外にも、イライラやストレスを静め、神経を安定させる。筋肉(平滑筋を含む)の収縮。体内浸透圧を一定に保つ。血液の凝固促進作用。心筋機能の正常維持。抗アレルギー作用などなど、私たちの知らないところで一生懸命に働いてくれているのです。

さらに私たちは、大事な恩恵を被っています。免疫力です。細菌やウィルスが体内に侵入すると、カルシウムイオンが細胞に情報を伝達します。この情報伝達によって、細胞内でつくられた免疫の抗体が撃退します。ですから、カルシウム不足が慢性化すると体内のカルシウムイオンが不足してしまい、免疫反応の防御システムが上手く働かなくなるのです。免疫力は低下し、風邪をひきやすくなったり、癌のリスクも高まります。

ダイエットにおいても、このカルシウム不足は命取りになります。減量の過程でしっかり摂取していかないと、風邪をひいてそのまま挫折なんていうケースが当院でもまま見られました。スナック菓子や牛乳で摂るのも一方法かもしれませんが、アラキドン酸体質をつくるリノール酸や、コレステロールの原料となる飽和脂肪酸など余計なものまでが体内に入ってきてしまいます。本末転倒にならぬよう、栄養素の摂取時にはそこにご注意を。

※純度の高い良質なカルシウムを摂取するには、当院の「βグルカン&カルシウム」はいかがでしょうか。βグルカンはキノコの成分です。やはり免疫力を増強する作用があります。一度お試し下さい。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第9回「クエン酸」

細胞内に、ミトコンドリアという器官があります。

「身体を動かすエネルギーを産生するのが、ミトコンドリアである」

「ミトコンドリアの遺伝子は、必ず母から遺伝される」

という噂を聞いたことがあるかもしれませんが、その噂は真実です。

ミトコンドリアは、クエン酸を使って、身体を動かすのに必要なエネルギーの元であるATP(アデノシン三リン酸)を生み出しているのです。そして、この能力は、母の遺伝なのです。母が長距離走に強ければ、その子供は男女とも長距離走に強くなります。

クエン酸の化学式は図のとおりで、炭素が6個つながっています。このクエン酸が、ミトコンドリアの中で次々と化学反応を起こし、2分子の酸素を取り込んで、2分子のATPと2分子の二酸化炭素を生み出します。一連の化学反応が終わると、2つの炭素原子を失い、炭素が4つつながったオキザロ酢酸になります。

このオキザロ酢酸は、ミトコンドリアの中でアセチルCoA(コエンザイムエー)と結びついて、元のクエン酸に戻ります。そして、このクエン酸が、またしても次々と化学反応を起こし、2分子の酸素を取り込んで、2分子のATPと2分子の二酸化炭素を生み出します。これを延々と繰り返して、筋肉を動かすのに必要なATPを作り出しています。

アセチルCoAは、脂肪や糖が分解されて出来上がります。つまり、アセチルCoAを作り出すために、脂肪や糖を分解するのです。だから、運動すると、脂肪が分解されるのです。

運動後には、レモンなどのクエン酸含有食品を欲することがあると思います。

クエン酸を多く含む食べ物は、レモンの他に、グレープフルーツやアセロラ、梅干しなどがあります。

1

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第8回「グリシン」

グリシンは、生体内で合成される非必須アミノ酸の一種で、分子構造的に最小のアミノ酸です。

人体内では、コラーゲンの主原料であると同時に、ヘモグロビンの大元原料、抗酸化物質のグルタチオンの原料としての役割を果たします。

また、コラーゲンを構成するアミノ酸の3分の1がグリシンであり、コラーゲン合成には大量のグリシンが必要になります。グリシンは体内で合成できますが、そのグリシンが不足気味になると、優先的にヘモグロビン合成に用いられるため、コラーゲン合成が進まなくなります。その結果、背の伸びの低下、肌質の衰えをもたらします。

このグリシンは、一般のタンパク質系の食物の中の含有量は少なく、ゼラチン質のコラーゲンの中に多く含まれています。一言でいえば、「皮」の中に多く含まれており、鮭皮抽出物には、特に多く含まれています。従って、食事から摂取するには、かなり特殊な食生活が必要となります。

体内では、グリシントランスアミナーゼの作用により、グルタミン酸やグリオキシル酸から合成されます。

もともと神経伝達物質としての重要性が知られていましたが、睡眠を深くする効果にも注目されています。

また、マリンコラーゲンなどの化粧品が肌質の向上をもたらすことから、角質層の無構造なタンパク質の構造の中で、グリシンの割合が多いかどうかで肌質が変化することが知られるようになりました。

グリシントランスアミナーゼの酵素活性は遺伝の影響を受けますので、体内でのグリシン合成能力には個人差があり、それによって肌質が変わるのであろうと推測されています。

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第7回「DNJ(1-デオキシノジリマイシン)」

第4栄養素の一つとして聞きなれない成分名を出しました。「桑の葉の成分」といえば、ピンとくるでしょうか。

ご飯、パン、麺などの炭水化物を食べると、唾液や膵臓から分泌されるアミラーゼという酵素が働いて、その炭水化物がどんどん分解されます。炭水化物はもともと糖の集合体ですから、分解されると、だんだんと丸裸のブドウ糖になっていくのです。ブドウ糖が2個つながっているのを二糖類、数個つながっているのをオリゴ糖といいます(ブドウ糖以外にも糖類はありますが、説明の便宜上、「ブドウ糖」とのみ記します)。

アミラーゼは炭水化物を分解しますが、実は、大きな分子である炭水化物を二糖類にまでしか分解できないのです。二糖類を単糖類へと分解するのは、小腸に存在する別の酵素で、この酵素を、「α-グルコシダーゼ」といいます。

α-グルコシダーゼが二糖類を分解して、単糖類であるブドウ糖(グルコース)を作り出し、そのブドウ糖が小腸から吸収されて、血液中に糖が現れるのです。こうして、栄養分が体内に取り入れられるのですが、これにより血糖値が上がります。
α-グルコシダーゼの作用を抑えると、二糖類が分解されなくなります。小腸は、二糖類を吸収することができないので、そのまま大腸に流れ込みます。つまり、血糖値が上がらなくなるのです。

大腸では、やはり、この二糖類を吸収することなく大腸内の細菌に分解されて、水と二酸化炭素になります。水は便を柔らかくし、二酸化炭素は大腸の運動を促進させます。つまり、便の腸内通過時間が早くなるのです。

桑成分のDNJは、このα-グルコシダーゼを抑える作用を持っています。だから、血糖値の抑制と同時に、食べた物の腸内追加時間を早め、便秘を解消する作用を持つのです。α-グルコシダーゼの作用を抑える成分は、通常は医薬品になっています(「グルコバイ」「ベースン」など)。しかし、桑は、鎌倉時代から食用・飲用として、日常生活に溶け込んでいますので、健康食品として利用できるようになっているのです。

桑葉のDNJは、ぜひとも活用したい第4栄養素です。kuwanoha

第4栄養素となる成分

第4栄養素となる成分 第6回「ビタミンB12」

ビタミンB12は、ビタミンB群の一種であり、ミネラルの一種であるコバルトを含んでいます。そして、ビタミンB12を多く含む錠剤は、処方箋医薬品になっています。身体への作用が大きいからです。

DNAの合成、アミノ酸やタンパク質の合成に大きく関わっており、細胞分裂の際には必須の成分となります。また、神経細胞の脂質膜の合成や修復にも関わっていますので、神経障害の際の治療薬としても利用されます。

細胞分裂に関わるということは、精子の合成能力に関係します。

男性の精子濃度が薄いために夫婦が不妊になっている場合、その夫への治療薬として、ビタミンB12を投与することもあります。

このビタミン12は、肝臓の中にかなりの量のストックがありますので、不足する人はあまりいませんが、胃の手術をした場合は、ビタミンB12の吸収が低下することがありますので要注意です。尚、不足した場合は、舌炎や全身倦怠感、貧血、睡眠失調だけでなく、物忘れ、集中力の低下、手足のしびれをもたらすこともあります。

健常人に多く投与した場合、動脈硬化予防、集中力や記憶力の向上、性能力の回復がみられます。また、子供に投与すると、背の伸び率が高まります。

動脈硬化の予防に関しては、動脈硬化促進因子であるホモシステインを低下させる作用が関与しています。集中力や記憶力の向上は、神経細胞の合成修復、あるいは、記憶の本体であるシナプスの形成促進が関与しています。性能力の回復、背の伸びに関しては、細胞分裂が関与しています。作用のメカニズムとして、神経細胞の合成修復と細胞分裂促進を覚えておけばいいでしょう。

食品では、レバーや貝類、海苔に多く含まれている成分です。